ムーンプランナー&フランクリンプランナー

手帳活用術

連休中日、今日は新プロジェクトの打ち合わせを兼ねて、カナルカフェに来ました(^_−)−☆

暖かくて良いお天気なので、とっても気持ちがいいです*\(^o^)/*

そんな今日は、午前10時31分に新月迎えました。

新月の日に願い事を紙に書くと、ふつうに願い事を書くよりも何倍も早く願いが叶うと言われています。

私は、これを昨年

『ムーンプランナー』

という手帳に出会って初めて知り、それから新月ごとに願い事を書くようになりました。

いくつか基本的なルールがあり、すぐに叶うものとしばらくしてから叶うものがあるようですが、私はこれまで書いてきた事の半分以上が叶っています(^_−)−☆

ここに、いくつか基本ルールを書いてみますので、良かったら参考にして、是非とも書いてみてください。

  • 紙に手書きする。
  • 新月時刻を過ぎてから書く。
  • 新月時間から4時間〜8時間以内に書く…ことがベストとされていますが、48時間以内に書くといいらしいです。
  • 書いた日にちを記入する。
  • 2個以上10個以内を箇条書きにする。
  • 出来れば完了形で書く。

※こちらは、ムーンプランナーさんの本を参照させて頂きましたm(_ _)m

これは本当に基本的なルールなので、細かいルールはまだたくさんありますが…

あまり捉われすぎないように書いていいと思います(^_−)−☆

そして、私がもう1つ常に使っている手帳が

『フランクリンプランナー』

です。

お気に入りのオレンジ色のバインダーに、デイリーリフィルを挟んでいます。

そして、ムーンプランナーのデータ版をフランクリンプランナーのコンパクトサイズ版にプリントして挟み込んでいます。

今後、手帳についての記事も時々更新していきますので、よろしくお願いします(^_−)−☆

手帳の中身動画
フランクリン・プランナー
スポンサーリンク
手帳活用術
この記事が気に入ったら
いいね!してください☆
最新情報をお届けします。
中山 久美子をフォローする
ハッピーライフコーディネーター中山久美子

コメント